映画「脳天パラダイス」公式サイト » ABOUT THE MOVIE

 「観たら、キマる」この鮮烈なキャッチフレーズとともに、コロナ禍吹き荒れる大厄年2020に放たれる『脳天パラダイス』。『ロビンソンの庭』(87)、『JUNK FOOD/ジャンク フード』(97)、『リムジンドライブ』(00)、『水の声を聞く』(14)など独創的な作品で常に時代を先行してきた山本政志監督の最新長編映画だ。これまで5作品が選出されたベルリン映画祭を始め、カンヌ映画祭、ロカルノ映画祭など、国際的評価も高い山本監督にとっては5年ぶり待望のメガホンとなった。
本作も、今年のローザンヌ映画祭(スイス)のオープニング上映作品に決定!併せて、同映画祭では山本監督の特集上映が行われるなど、注目が集まっている。

 とにかく、理屈抜きにブッ飛んだ映画を撮ろう――。そんな執念のもと、村岡伸一郎プロデューサーとの二人三脚で、想いを作品に昇華させた天才・山本監督。脚本は、現実と虚構を縦横無尽に渡り歩く斬新な舞台で演劇界の注目を集める金子鈴幸(劇団「コンプソンズ」主宰)とともに書き上げた。

穏やかな家族ドラマかと思う間も無く、矢継ぎ早に観客の脳天をブッ飛ばす物語が襲いかかってくる!コメディー、SFX、ミュージカル、動物、ワイアーアクション・・・あらゆる映画要素が目まぐるしく投入され、しだいに、頭の中はパラダイス化され、多幸感に包まれてくる。そして、劇場を出て帰路につくアナタは、なにかと息苦しい〝今〟から解き放たれたような爽快感、今までと何かが違う自分に気づくことになる。

そんな前代未聞の映画は、キャスティングも空前絶後の豪華さだ。主人公の昭子役に南果歩、昭子の元夫・修次役にいとうせいこうのほか、謎のホームレス役に柄本明、さらに玄理、村上淳、古田新太らが脇を固める。小川未祐、田本清嵐ほか、オーディションや選考ワークショップを経て抜擢された期待の新星たちのタダ者ではない演技も見ものだ。新旧入り乱れた役者たちの共演も本作の大きな魅力となっている。

映画の枠組みを完全超越し、超絶体験の連発!新型コロナウイルスが吹き荒れる2020年秋、あらゆるわざわいを吹き飛ばす「脳天パラダイス」へ、ようこそ!!


東京郊外、高台にある一軒の大豪邸。あとは引越し業者のトラックに荷物を積み込むだけとなった部屋を、やさぐれた表情で見わたす笹谷修次(いとうせいこう)。家長でありながら、この家を手放す原因を作った張本人である。引きこもり気味の息子・ゆうた(田本清嵐)は淡々と現実を受け止めている。

一方、生意気盛りの娘・あかね(小川未祐)は不甲斐ない父親にイラつきながら、ヤケクソ気分でTwitterに「今日、パーティをしましょう。誰でも来てください。」と地図付きツイート。そのままフテ寝してしまう。投稿がリツイートされまくり、瞬く間に拡散している状況を示す通知が鳴り響いていることも知らずに……。

 やってきたのは、数年前、恋人を作って家を出たはずの自由奔放な元妻・昭子(南果歩)。借金まみれになり、一家離散目前の笹谷家にツイッターをみて、次々にパーティー客がやってくる。インド人のゲイカップル、やる気のない運送業者、手癖の悪いあかねの友人、台湾から来た観光客の親子、酔っ払いのOL、恋人を探しているイラン人、謎のホームレス老人(柄本明)、……。そんな中、来客を頑なに追い返そうと一人奮闘する修次だったが、珍客はどんどん増え続ける。

しだいに豪邸は、ドンチャン騒ぎを超えた、狂喜乱舞の縁日の境内状態になっていく。笹谷一家の引越しは!? いやいや、もうそれどころじゃない! 客たちによって一家の運命はめくるめく奇々怪々と狂喜乱舞へと導かれていく……! これは現実か、それとも幻覚か、果たして彼らの行く末は!? もう誰も逃げられない。『脳天パラダイス』への扉が今、開いてしまったのだ!


南 果歩みなみ かほ

1964年1月20日生まれ、兵庫県出身。
映画『伽倻子のために』(84/小栗康平監督)で映画デビュー。映画・テレビドラマ・舞台と多岐にわたり活躍。『夢見通りの人々』(89/森崎東監督)で第32回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。『お父さんのバックドロップ』(04/李闘志男監督)で第19回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演作に『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、『家族X』(11/吉田光希監督)、『さよなら歌舞伎町』(14/廣木隆一監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)『オー・ルーシー!』(18/平柳敦子監督)など。


いとう せいこう

1961年3月19日生まれ、東京都出身。
1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。85年より宮沢章夫、シティーボーイズ、中村有志、竹中直人らと 演劇ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成。講談社に入社後は、「ホットドッグプレス」誌で企画した『業界くん物語』が話題となる。86年に退社後は作家、クリエーターとして、活字/映像/舞台/音楽/ウェブなど、あらゆるジャンルに渡る幅広い表現活動を行っている。常に先の感覚を走り創作し続けるクリエーター。


田本 清嵐たもと そらん

1991年11月12日生まれ、東京都出身。
映画『ゴーグル』(06/桜井剛監督)で初主演。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08/若松孝二監督)、『剣岳 点の記』(09/木村大作監督)、『11 ・25 自決の日 自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12/若松孝二監督)、『おんな城主 直虎』(17/NHK)、『止められるか、俺たちを』(18/白石和彌監督)など、映画、ドラマ、舞台と活動の幅を広げている。


小川 未祐おがわ みゆ

2001年3月25日生まれ、東京都出身。
中学時代からプロダンサーとして活動し、高校2年で女優に転身。女優・ダンサーとして活動。『最期の星』(17/小川紗良監督)で主演デビュー。出演作品に『よこがお』(19/深田晃司監督)、『海辺の金魚』(21/小川紗良監督)、テレビドラマ『ゴ―ルド!』(20/NHK)などがある。


柄本 明えもと あきら

1948年11月3日生まれ、東京都出身。
76年に劇団東京乾電池を結成、座長を務める。カンヌ国際映画祭特別招待作品となった『カンゾー先生』(98/今村昌平監督)で、第22回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。映画のみならず、舞台やTVドラマにも多数出演し、11年に紫綬褒章を受章した。近年の主な映画出演作は、『岸辺の旅』(15/黒沢清監督)、『モヒカン故郷に帰る』(16/沖田修一監督)、『武曲 MUKOKU』(17/熊切和嘉監督)、『万引き家族』(18/是枝裕和監督)、『居眠り磐音』(19/本木克英監督)、『ある船頭の話』(19/オダギリジョー監督)、『楽園』(19/瀬々敬久監督)など。19年には旭日小綬章を受勲。


玄理ひょんり

1986年12月18日生まれ、東京都出身。
日本語・韓国語・英語のトライリンガル。青山学院大学法学部在学中、韓国の延世大学に留学し、映像演技を専攻する。2008年には韓国映画「曲がり角の男」「宿命」に出演した。『水の声を聞く』(14/山本政志監督)では、高崎映画祭の最優秀新進女優賞を受賞。その他出演作品に、『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16/岩井俊二監督)、『最初の晩餐』(19/常盤司郎監督)、『スパイの妻』(20/黒沢清監督)がある。


村上 淳むらかみ じゅん

1973年7月23日生まれ、大阪府出身。
『ぷるぷる 天使的休日』(93/橋本以蔵監督)で映画デビュー。『ナビィの恋』(99/中江裕司監督)、『不貞の季節』(00/廣木隆一監督)、『新・仁義なき戦い。』(00/阪本順治監督)の3作品で、第22回ヨコハマ映画祭・助演男優賞を受賞。主な映画出演作に『新宿スワン』シリーズ(15、17/園子温監督)、『グラスホッパー』(15/瀧本智行監督)、『パンク侍、斬られて候』(18/石井岳隆監督)、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(19/大森立嗣監督)、『初恋』(20/三池崇史監督)などがある。


古田 新太ふるた あらた

1965年12月3日生まれ、兵庫県出身。
劇団☆新感線の看板役者。『アトランタブギ』(96/山本政志監督)で映画初出演。 主な出演作品に『JUNK FOOD』(97/山本政志監督)『木更津キャッツアイ』シリーズ(03、06/金子文紀監督)、『小森生活向上クラブ』(08/片嶋一貴監督)『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』(09/堤幸彦監督)、『シーサイドモーテル』(10/守屋健太郎監督)、『超高速!参勤交代 リターンズ」(16/本木克英監督)、『土竜の唄 香港狂騒曲』(16/三池崇史監督)などがあり、公開待機作品に『空白』(21/吉田恵輔監督)『ヒノマルソウル 』(公開未定/飯塚健監督)を控えている。


ALKDO/アルコド-永山愛樹ながやまよしき 竹舞たけまい

愛知県は三河、豊田市を拠点に国内外で活動する大所帯バンド「TURTLE ISLAND」のフロントマンである永山愛樹(Vo,G)と竹舞(Vo,太鼓)からなる最小編成。アジアの音とビートに乗せた唄とスピリット、シンプル且つ独自の音楽と唄の世界を表現する。2012年からレーベルmicroActionと共に「橋の下世界音楽祭SOUL BEAT ASIA」を主催し、注目を集める。

監督:山本政志

デビュー作『闇のカーニバル』(82) が、史上初ベルリン、カンヌ映画祭で連続上映され、『ロビンソンの庭』(87)では、ベルリン映画祭zitty賞、ロカルノ映画祭審査員特別賞、日本映画監督協会新人賞を受賞。香港との合作『てなもんやコネクション』(90)では、専用上映館を建設、『ジャンクフード』(97)を全米12都市で公開、単独渡米しNYクルーと『リムジンドライブ』(01)を制作、前作『水の声を聞く』(13)は、5度目となるベルリン映画祭を始め、各国映画祭に選出され、国内でもキネマ旬報ベストテンにランクインするなど、国内外で高い評価を受ける。唯一無二の存在感で自由奔放な映画作りを続けている、日本映画界の突然変異である。

脚本:金子鈴幸

1992年生まれ、東京都出身。父親は『デスノート』『平成ガメラ三部作』などの金子修介監督、妹も『21世紀の女の子』『眠る虫』などを監督した金子由里奈と、生粋のクリエイターファミリー。2016年に演劇ユニット「コンプソンズ」を旗揚げ。主宰、全作の作演出を務める。他公演の舞台の他、映画・アニメの脚本も手掛けている。

プロデューサー:村岡伸一郎

1995年、『ファザーファッカー』(原作:内田春菊/監督:荒戸源次郎)にスタッフとして参加、その後、荒戸源次郎に師事。『赤目四十八瀧心中未遂』で、プロデューサーとしてデビュー。その年の映画賞を総なめにする。2005年、大森立嗣監督のデビュー作『ゲルマニウムの夜』では専用映画館“一角座”を建てて、1年間のロングラン上映を行う。その後『ぼっちゃん』『さよなら渓谷』(大森立嗣監督)などに参加。2015年に山本政志監督と初タッグを組んで『水の声を聞く』を製作。2017年『ろくでなし』(監督:奥田庸介)を製作、文化庁による育成プロジェクトでマレーシアへ1年間渡航。そして今回、再びコンビを組み『脳天パラダイス』を製作。

撮影:寺本慎太朗

広島県出身。九州ビジュアルアーツを2015年に卒業し、その後は福岡を拠点に照明助手として活動する傍ら自主映画やMVで撮影監督を務める。2018年から東京に拠点を移し撮影助手として活動し福岡時代と同様に自主映画、MVで撮影監督を務める。自主映画『JOINT』(小島央大監督)などの公開待機作がある。
本作では異例の大抜擢で劇場映画デビュー。

照明:渡邊大和

1994年生まれ・熊本県出身。撮影の寺本と九州ビジュアルアーツの同級生。2015年に卒業し、M Vなどで照明技師を務める。映画『コーヒーが冷めないうちに』(塚原あゆ子監督)『騙し絵の牙』(吉田大八監督)などに照明助手として参加。寺本が撮影の自主映画『J O I N T』で照明技師を務める。

録音:光地拓郎

東京芸術大学大学院卒業後、2011年より録音部として活動を行う。
主な作品として『ラストレター』(岩井俊二監督)『誰がために憲法はある』(井上淳一監督)『クロス』(奥山和由・釘宮賢治監督)『Who Is That Man!?あの男は誰だ!?』(沖島勲監督)『恋の渦』(大根仁監督)などがある。

美術:木岡菜津貴

美術監督・林田裕至氏に師事。美術助手として『忍たま乱太郎』(三池崇史監督)『るろうに剣心』(大友啓史監督)『SCOOP!』(大根仁監督)『パンク侍、斬られて候』(石井岳龍監督)などに参加。
2018年『映画・刀剣乱舞』で美術を担当。
今回、林田裕至氏の遺伝子を継ぐものとして、美術にうるさい山本政志監督期待の抜擢!山本組の洗礼を受ける?

振付演出:南流石

3歳から踊りはじめ、様々なジャンルのダンスにいそしみ、16歳よりダンス指導者になる。 数多くのCM、コンサート、ミュージカル、イベントなどで振付演出・出演をしている。 主な振付作品として、長野パラリンピック開会式(1998)、冬期アジア札幌大会(2017). サザンオールスターズ、ドリームズカムトゥルー.福山雅治.GLAY.乃木坂46.大塚愛.PUFFY.SMAP.嵐.氷川きよし.Kalafina. くまモン.おしりかじり虫、せんとくん、しまじろう、ハローキティ、バズドラ、東大寺福祉療育病院.NHK紅白歌合戦など多数。 伝説のファンクロックバンドJAGATARAのメンバーとしても有名。南流石の芸名の名付け親は同郷の桑田佳祐氏。 個性的な振付演出手法は、どのダンスジャンルにも属さない独自性を築きあげている。

特殊造形:百武朋

1972年、岩手県生まれ。特殊メイク、特殊造形、キャラクターデザイナー、特殊スタイリスト。日活映画芸術学院で映画美術を学び、卒業後、代々木アニメーション学院で特殊メイクを学ぶ。1995年に独立、フリーランスとして仕事をした後、2004年に(株)百武スタジオを設立。主な参加作品に、『CASSHERN』(紀里谷和明監督)、『妖怪大戦争』(三池崇史監督)、『どろろ』(塩田明彦監督)、『大日本人』(松本人志監督)『20世紀少年』(堤幸彦監督)、『テロマエ・ロマエ1、2』(武内英樹監督)、中田秀夫監『MONSTERZ(モンスターズ)』、中島哲也監督『渇き。』、樋口真嗣監督『進撃の巨人』、山崎貴監督『寄生獣』など。最新作に『シン ウルトラマン』(庵野秀明監督)がある。

音楽:Oto

伝説的なバンドJAGATARA(1980~1990)、ビブラストーン(1987~1997)、サヨコオトナラ(2004~現在)のギタリスト。90年代はプロデュース作品多数。福島原発事故を機にバビロン・システムから脱出すべく奥山での自給暮らしにシフト。現在は熊本のアンナプルナ農園で無農薬のお茶を生産しながら、米と野菜を作り、世界支配の食糧兵器の餌食にはならない暮らしと創造を実践中。水源トラストを中心に森から発信するメディアを構想中。2020年1月Jagatara2020名義で『虹色のファンファーレ』(P-vine)を発売。

楽曲提供:Dr.Tommy

80年代初頭より、日本のクラブ音楽シーンの中心部にいて、シーンを創り上げ支えている一人。ボーカリスト、DJ、音楽プロデューサー、作詞、作曲、編曲まで手掛けるコンポーザー、リミキサー、ナレーター、コリオグラファー、モデル、俳優など様々な顔を持つ。NEW WAVE FUNK BAND”AFRIKA”のボーカリストとしてや、ビブラストーンのラッパー&ボーカリストとしても活躍。1998年よりインディーズのレコードレーベル”Golden Gutsy Records”を主宰。国内外でのプロデュース作品やリミックス作品も多く、現在はリーダーユニットであるD.T.Constructionや、Ecstasy Boysのメンバーとしても活動。シネマインパクトのサウンドロゴや、映画では『アルクニ物語』、『水の声を聞く』(山本政志監督)などの音楽を担当している。


スタッフ&キャスト クレジット

南果歩 いとうせいこう 田本清嵐 小川未祐
玄理 村上淳 古田新太 柄本明
大河内健太郎 小竹原晋 星野園美 沢井小次郎 安田ユウ 李丹
張天屹 野村陽介 ニール・ターリセッチィ アレック・アスギャリー
和川ミユウ 植田紗々 髙橋里恩 江波里香 渡瀬うみな 齋藤勇真
森川貴 庄司浩之 ノブヲ 畑中タメ 吉田茂樹 牧山みどり
紀那きりこ 藤本国彦 島津志織 小林敏和 菊地敦子 清水ひさを
にぼし にぼしの声:山下ケイジ 鳳ルミ 柳川竜二
永山愛樹/竹舞(TURTLEISLAND/ALKDO)

監督:山本政志 脚本:金子鈴幸 山本政志 撮影:寺本慎太朗 照明:渡邊大和
録音:光地拓郎 美術:木岡菜津貴 衣装:宮本まさ江 現場衣装:津田大
メイク:佐々木ゆう 編集:小原聡子 助監督:佐和田惠 演出補:平波亘
振付演出:南流石 メインテーマ:Oto 装飾:岩間洋 特殊スタイリスト:百武朋
操演/特殊効果:羽鳥博幸 特機:塩見泰久 技術コーディネーター:豊里泰宏
VFXディレクター:中口岳樹 島田欣征 ドローンオペレーター:池田佳史 山本雅映
庭師:高見紀雄 宣伝美術:千葉健太郎 スチール:江森康之 メイキング:永山正史
楽曲提供:Dr.Tommy
テクニカルスーパーバイザー:溝口洋 賽本引き指導:柳川竜二 撮影協力:井戸賢生

エグゼクティブプロデューサー:吴清萍 大江戸康
プロデューサー:村岡伸一郎
アソシエイトプロデューサー:根本礼史
コープロデューサー:大高健志
キャスティングプロデューサー:関谷楽子
アシスタントプロデューサー:翁長穂花
協賛:高見庭苑 劇団シ劇 石毛栄典 Mr.やぶれかぶれ cocon
企画:シネインパクト C・C・P
配給:TOCANA 製作協力:UNIVA Guangzhou Trading
製作:パンクチュアルカルチャー 大江戸美術
©2020 Continental Circus Pictures